画像

 

音楽×感動+地域=TAJIMA WAVE

 

ずっとコレだ!っていうグッとくる方程式を考えてきました。

想いはあるのに言葉にするのは難しくて

さらに文字にするなんてバカ言ってんじゃねーよってくらいの難易度。

 

助成金のプレゼンで「結局、何を目指してんの?」って聞かれた時なんて

あーでこーでなんて言ってるうちに自分が何言ってんのか分かんなくなっちゃって。

最終的には取り繕おうとして思ってもないことまで言っちゃったりして。

 

文字にしようと思って使えもしないWordでカタカタしてる時は

いつの間にか文字数が300字超えちゃって。

誰もそんな文字数読まねーし、twitterだったら一生投稿出来ねーよって。

 

やりたいことは溢れてくるのに伝えるのに必要なのは最低限の的を得た言葉や文字。

 

しまいには地域活性化とかよく分かってもない小難しい言葉使っちゃって。

いつの間にか大事なことたくさん忘れちゃって。

まだなんにもなかった「但馬で夏フェスせぇへん?」から始まったあの頃の

なんか分からんけど湧き出てたドキドキワクワクとか

出来もしないのに「こんなことやったらおもしろくね?」ってバカみたいに笑ってたこと。

 

でもそれがリアルになっちゃうと感動が数十倍・数百倍!

失敗が最高に酒のアテに!

 

原点に帰ってみたらすげーシンプルで。

想いはちゃんと膨らんでた。

あとはそこに文字数の少ない言葉を当てはめてって

いい感じのやつが来たらコレだ!ってね。

 

出来たのがコレ。

 

音楽×感動+地域=TAJIMA WAVE

 

ココにすべて詰まってます。

これを年に1回現れる最高の空間で。

 

もう宣言しちゃう。

TAJIMA WAVE 2014の会場で皆さんの五感を支配しちゃいます。

 

ただ、ひとりじゃ出来ません。

実行委員のメンバー全員でもちょこっと厳しいのが現実です。

皆さんのチカラを貸してください。

FacebookやこのHPの特設ページにも書きましたが

2月1日(土)から新しいプロジェクトを開始します。

 

それが『SUPPORTERS PROJECT』

 

詳細ページはこちら→特設ページ

目的は開催・継続資金の捻出です。

 

有料化という選択もありました。

でもなんとかもう1度。

誰でも気軽に生の音楽、素敵な人、最高の空間に間近で触れることのできる場所。

そんな年に1回のお祭りを今年も無料で開催したい。

 

こんな想いから生まれたのがこのプロジェクトです。

もちろんこの企画の他にも今年は様々な取り組みを行っていく予定です。

イベント当日も含め、その中のどこかでチカラを貸していただけると幸いです。

詳細ページはこちら→特設ページへ

 

そして新しいことはそれだけじゃない!

この公式HP、BLOG、Facebook、twitterにてどんどん最新情報を発表していきます。

今年もよろしくお願いします!

 

written by sho iki / BGM B:Ridge Style アルバム「Burnin’ Our Music」